その他

新しいアイディアを得られる!おすすめ農業雑誌5選

みなさんは、農業情報をどこから手に入れていますか?
近年の農業ブームで雑誌やWebサイトが増えてきています。
今はインターネットも普及しており簡単に情報が手に入ります。
しかし、本や雑誌でも他には載っていない情報が得ることが出来ますし、より詳しく解説されています。
そこで、今回はおすすめの農業雑誌を5誌紹介します。

①月刊 現代農業  出版:農山漁村文化協会(農文協)

自然な暮らしを村に町に
作物や土、地域自然の力を活かした栽培技術、農家の加工・直売・産直、むらづくり、食農教育、グリーンツーリズム、農都交流など、農業・農村、食の今を伝える総合実用誌です。

1冊800円で、毎月発行されています。
農家の人だけではなく、家庭菜園をしている人でも読んで活用することが出来ます。
定期購読している農家さんも多いです。


最新号の特集では、「農機の才能完全発揮 メンテと使い方」について紹介しています。
他にも、過去の特集では「今さら聞けない肥料選びの話」や「草刈りが意外と楽しくなる工夫集」、「今さら聞けないタネと品種の話 きほんのき」が紹介されています。
全体的に、農家さんが独自の方法でやってみて上手くできているみたいな紹介がされています。
そのため、単に教科書通りの方法ではなく新しいやり方などを知るきっかけになると感じました。
また、農家ならではの調理方法などもありおもしろいです。
月刊現代農業 バックナンバー
現代農業 2018年12月

②やさい畑  出版:家の光協会

日本で初めての家庭菜園雑誌。育てる・収穫する・食べるまで、初心者でも、その全てがよくわかる。
自然と暮らす豊かなライフスタイルを提案。地域住民や都市住民に農業への理解を促進し、農業・農村情報も発信しています。2009年からは季刊から隔月刊となりました。

出版している「家の光協会」は、JA(農協)グループの出版・文化団体です。
1冊税込み905円で、隔月に発行しています。
最新号の特集は、「使える! 昔農家のお宝ワザ」です。他にも、過去に栽培力底上げ教室イモ・根菜の長もち熟成ワザ、生育不良も病害虫もこの手で解決などの特集がありました。
『やさい畑』ってどんな雑誌?
やさい畑 次号予告

③農業ビジネス べジ

『農業ビジネスマガジン』は今号から『農業ビジネス ベジ』に誌名を変更し、リニュ−アルしました。
利益がでる農業ビジネスのために役立つ情報、ヒントとなる情報を拡充します。

1冊1620円で他の雑誌に比べて少し高いですが、新技術や新商品などが載っていておもしろいです。これも隔月刊です。
他の雑誌に比べてビジネス的視点の記事が多いです。


過去の特集では、「秋まき野菜の新商品」や「儲かるブルーベリー大研究」、「ネット販売より、ぜんぜん簡単」など農業の新しいやり方や流行りなどを紹介しています。
農業ビジネス べジ イカロス出版

④NHK趣味の園芸 出版:NHK

NHKテキスト『趣味の園芸』です。植物の育て方を丁寧にサポートする月刊誌です。放送とあわせてご覧ください。

テレビのNHK放送で、毎回季節に応じたさまざまな花・植物の育て方や管理法などについて実技を交えて解説しています。
また、その番組に合わせてわかりやすく解説されているのがこの雑誌です。
もちろん、雑誌だけ見てもわかるようになっています。

最新号の特集では「注目の果樹大集合」があります。
過去の記事では、「秋の山野草入門」や「年初め 観葉ライフをはじめよう!」などがありました。
野菜などより花関係の方が多いです。
趣味の園芸  NHK出版 
注目の果樹大集合!/オリーブ/チューリップ/コチョウランほか『趣味の園芸』11月号

⑤週刊ダイヤモンド

書店で一番売れているビジネス週刊誌!
週刊ダイヤモンドは、1913(大正2)年の創刊以来、約100年にわたり日本を代表する経済誌として、
企業やビジネスパーソンの情報ニーズに応えてまいりました。

1冊657円+税です。
過去には不動産、株式、投資など様々な問題を取り上げていますが、その中に農業の記事を取り上げているときがあります。
だいたい1年に1回取り上げられています。

こちらもビジネス視点で書かれているので参考になります。
週刊ダイヤモンド バックナンバー
JAを襲う減反ショック 儲かる農業2018

おまけ

調べていたら、農業専門書店を見つけました!

「農文協直営・農業書専門店農業書センター」(田舎の本屋さん)

こちらは東京・神保町にある日本で唯一の農業書専門の書店です。
店舗に直接来られないお客さんにも、全国どこにでも本をお届けします。

普通の本屋さんでは売っていない本がたくさんあります。
ちょっと検索してみただけでも気になる本がいくつもありました。
機会があったら行ってみたいです。

農文協直営・農業書専門店農業書センター
田舎の本屋さん
〒101-0051東京都千代田区神田神保町2-15-2 第1冨士ビル3階
営業時間:平日(10:00~19:00) 土曜(11:00~17:00)
休業:日・祝日(このほかの休日や短縮営業については田舎の本屋さんニュースでご確認いただけます)

まとめ

以上、おすすめ農業雑誌5選でした。
農業をしている人は見てみるとおもしろいと思います。
インターネットだけではなく、いろんな雑誌も見て、新しい知識やアイディアを発見してみて下さい!

関連記事

  1. その他

    おいしいイチゴの見分け方

    だんだんと暖かくなり、桜が開花した地域もでてきています。ハウスのイ…

  2. その他

    不良品?変わった形「抱き玉」とは?

    同じ玉ねぎでも、丸くなく少しいびつなモノや切ってみると少し異なった玉ね…

  3. その他

    新卒で入った会社辞めた話し。

    「さあ、もう無理だ!辞めよう。」ある日、それまで悩んでいたのが嘘のよう…

  4. その他

    イチゴのツブツブの正体とミツバチについて

    今回は、イチゴについてとイチゴを作る手助けをしてくれる「ミツバチ」に…

  5. その他

    ブロッコリーについて

    現在は、ブロッコリーを中心に栽培をしています。そこで、今回は普段作…

  6. その他

    付きっきりで説明してくれる!ビートの歴史が分かるビート資料館!

    北海道帯広市に来て、せっかくなので観光しようと調べていると、近くに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP