農家への道のり

サイズや重さで仕分ける!人参の出荷調整

雨が降っていると、トウモロコシの定植が出来ないため屋内で別の作業を行いました。
今回は、雨の日でもできる人参や自然薯の出荷調整についてまとめてみました。

量って、分類


冬から春にかけて収穫した人参がコンテナにたくさんあります。
綺麗な状態の人参がたくさんです。


この人参を1つずつ手に取り、量りで量ります。


写真の人参の場合、100g以上、150g未満なのでSサイズになります。


B級品、S(100~150g)、M(150~200g)、L(200g~250g)と重さごとに人参を分けていきます。
見るからに小さいモノや、腐ってはいないけど形が悪いB級品は量らずにB級品に振り分けます。
在庫の最後の方の人参なため、小さく、軽いB級品と、Sサイズが多いです。

さらに量る

計測して、分類した人参をさらに量ります。
B級品は直売所で売るので袋詰めします。1袋500g+50g以内に収まるように量ります。
また、SサイズやMサイズなどはSサイズだけを箱に入れて梱包します。
10kgになるようにします。


写真は自然薯のモノですがこのようにして袋に入れながら量って、黄色いテープで留めて商品とします。
人参が腐っていたら捨てたり、根っこが伸びてきていたらこすって綺麗にします。

まとめ

以上、人参の出荷調整でした。
直売所で野菜がたくさん売られていますが、ちゃんと同じぐらいの重さに量ってあるんですね。
サイズとかまちまちでこっちの方が多そうと選んでいましたが実際は大差がなかったということですね・・・。
まあ、大きい方が皮が剥きやすいとか、調理しやすいとかはあると思いますが。

関連記事

  1. 農家への道のり

    ほうれん草の定植

    12月になると、気温がぐっと下がり作物が育ちにくくなります。特に、…

  2. 農家への道のり

    半永久的にイチゴを作れるランナーとは?イチゴの苗手入れについて

    現在は、長野県でイチゴの農業アルバイトをしています。今回は、大きく…

  3. 農家への道のり

    レタスよりも重い!キャベツの収穫!

    暖かくなってきて、野菜の生長も早くなっています。メインであるレタス…

  4. 農家への道のり

    苗卸会社で1ヶ月働いての感想

    苗卸会社である 小池園芸 さんで4月いっぱいお世話になりました。苗…

  5. 農家への道のり

    苗の卸会社に飛びました。その1

    現在、4月から和歌山県御坊市の苗卸会社「小池園芸」さんでアルバイトをし…

  6. 農家への道のり

    農業を始めて1年後の5つの体の変化。

    農業を始めて1年がたちました。そこで、今回は農業を始めて1年後に体…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP