農家への道のり

コツを掴むのが大切!イチゴの収穫について

11月の下旬から、長野県の信州うえだファームさんで農業アルバイトをしています。
ここで今作っているモノは「イチゴ」です。
長野県では、冬は寒いため農閑期になりますが、ハウスを使えば冬でも育てられます。
ただし、暖房代がかかってしまいますが…

イチゴの収穫


12月上旬現在は2日に1回ぐらいのペースで収穫しています。
収穫する日によって多少色味が変わりますが、基本7割ぐらい赤い色のモノを取っています。
イチゴはとんがっている下の部分から赤くなってきます。


イチゴも光が当たる部分がより赤く色づきます。
夜はライトがついて色づきを早めています。

収穫の方法


トレーを持ちながら、イチゴを収穫してトレーに入れていきます。

イチゴは柔らかいため収穫に少しコツがいります。


①茎を指と指の間にはさみ親指でいちごを支える
②そのまま90°上へ曲げる(ヘタのところから茎を折るような感覚)

引用:いちごの摘み方 カモ~ンわたり

この動画が分かりやすいです。
イメージ的に招き猫の手の感じです。手首から「カクンッ」と曲げるイメージです。

実を掴んだり、押すと、イチゴに指の跡が付いてしまいます。
また、無理に引っ張ったりすると株を痛めたり、他の果実まで採れてしまいます。
株を痛めてしまうと、そのあと果実が 実らなくなってしまうこともありますので注意しないといけません。
私も最初の頃は、上手く収穫出来ずにいましたが、丁寧に教えてもらいようやくコツを掴んできました。


<収穫前>
赤い実がちらほら見られます。1人1列ずつ入って収穫します。


<収穫後>
取った後は、全体的に白っぽくなり寂しく見えます。

イチゴハウスについて


イチゴのハウスは連結したビニールハウスです。
空調管理も整っています。


イチゴは高設栽培で植えられています。
高設栽培とは、本圃を腰高の位置で作り、栽培管理や収穫をしやすくした栽培方法です。


腰を曲げたりする動きが減るため、従来の土耕栽培より身体が楽です。
また、養液栽培なので作業が簡単で、早く成長します。
反対に土耕栽培は、コストがかからないことや味がおいしいなどのメリットがあると言われています。


イチゴを寒さから守るために、夕方にはビニールの内屋根が出てきます。

まとめ

以上、イチゴの収穫についてでした。
収穫はとにかくコツを掴むことが大事です。
一緒に働いている人の手の動きや様子を見て参考にしてやっています。
もっと早く収穫できるよう動きを意識してやりたいです。

関連記事

  1. 農家への道のり

    花豆の補植

    花豆は、つる上げまで終わり、そのあとに補植を行いました。今回はその…

  2. 農家への道のり

    トウモロコシを低温から守る!べたがけについて

    静岡を終わらせ、長野のファームかずとさんで少しの間働くことになりました…

  3. 農家への道のり

    不思議な光景!花豆の竹縛り

    花豆の竹差しが出来ると、今度は竹縛りという作業が待っていました。今…

  4. 農家への道のり

    おもしろい習性!花豆のつる上げについて

    花豆を植えてすぐに雨が続いたため、生育が心配でしたが、暖かくなり始…

  5. 農家への道のり

    タイミングを合わせる!花豆の竹差し

    いよいよ噂に聞いていた、花豆の竹差しが始まりました。以前まいた豆が…

  6. 農家への道のり

    北海道に来て2ヶ月がたった。

    7月になり、北海道も暑くなっています。今いる北見市は、内陸で盆地の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP