農家への道のり

レタスよりも重い!キャベツの収穫!

暖かくなってきて、野菜の生長も早くなっています。
メインであるレタスの収穫も残すとこ1ヶ月くらいになりました。
今回は、今の時期に収穫しているもう1つの野菜である、キャベツの収穫についてまとめてみました。

切る

キャベツを切ります。
キャベツは小さいモノから大きすぎるモノまで、様々な大きさがありました。
そのため、重さも様々です。
切るモノは、少し小さくてもある程度の大きさのモノは全て切っていました。

量って、詰める

基本は、レタスの収穫と同じですが、ここではキャベツは重さで出荷していたので、
「量る」という作業がありました。キャベツの大きさが様々なので、重さで統一して出荷しています。
量りに段ボールあるいはコンテナを乗せて10㎏や15㎏などと重さを量ります。
あと少しというときは、小さいキャベツを加え重さを調節します。

運ぶ

量り終わったキャベツを、運びます。
レタスと同じように台車を使いトラックまで運んでいきます。
ただし、レタスよりも1ケースあたりの重さが重いので少し大変です。
1ケース10㎏~15gぐらいの重さなので力がいります。
1ケース持つ分では問題ありませんが、1日500や700ケース出荷するとなると、
持ち上げて運ぶ作業が何度も繰り返されて大変です。
また、筋肉がつきます。筋トレにはいいのかもしれません。

おまけ


キャベツのサイズは様々で、大きいモノは写真ぐらいありました。
顔より大きかったです。大きすぎると、重さを調整するときや、コンテナに上手く収まらないのが少し困りました。

まとめ

以上、キャベツの収穫についてでした。
キャベツは、とにかくレタスよりも重いので運ぶのが大変でした。
ただ、レタスと違って保温のためほとんどの畑でトンネル(ビニール)をしないので片付けがない点は楽でした。

関連記事

  1. 農家への道のり

    1つずつ桃の実を大切に守る!桃の袋がけ

    桃の摘果が2週間ぐらいで終わり、今度は残った実に袋をかける「袋がけ」の…

  2. 農家への道のり

    北海道での8か月の農業生活を終えて。

    農業の本場を見るため、北海道に今年の5月にやって来ました。初めて北…

  3. 農家への道のり

    息を合わせる!レタスの定植(1)

    最低気温-20℃の北海道から帰ってきて、この寒い時期でも仕事がある場所…

  4. 農家への道のり

    花豆 まとめ

    日々、色んな作業がありますが「花豆」の作業が多かったので、今回はこ…

  5. 農家への道のり

    じゃがいも作り②じゃがいも植え付け

    前回、ジャガイモ作りで石拾いをしたことを紹介しました。今回は、その…

  6. 農家への道のり

    まるで筋トレ⁉肥料撒きについて

    人間に栄養が必要なように作物にも栄養が必要です。 肥料は、途中で与え…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP