農家への道のり

レタスよりも重い!キャベツの収穫!

暖かくなってきて、野菜の生長も早くなっています。
メインであるレタスの収穫も残すとこ1ヶ月くらいになりました。
今回は、今の時期に収穫しているもう1つの野菜である、キャベツの収穫についてまとめてみました。

切る

キャベツを切ります。
キャベツは小さいモノから大きすぎるモノまで、様々な大きさがありました。
そのため、重さも様々です。
切るモノは、少し小さくてもある程度の大きさのモノは全て切っていました。

量って、詰める

基本は、レタスの収穫と同じですが、ここではキャベツは重さで出荷していたので、
「量る」という作業がありました。キャベツの大きさが様々なので、重さで統一して出荷しています。
量りに段ボールあるいはコンテナを乗せて10㎏や15㎏などと重さを量ります。
あと少しというときは、小さいキャベツを加え重さを調節します。

運ぶ

量り終わったキャベツを、運びます。
レタスと同じように台車を使いトラックまで運んでいきます。
ただし、レタスよりも1ケースあたりの重さが重いので少し大変です。
1ケース10㎏~15gぐらいの重さなので力がいります。
1ケース持つ分では問題ありませんが、1日500や700ケース出荷するとなると、
持ち上げて運ぶ作業が何度も繰り返されて大変です。
また、筋肉がつきます。筋トレにはいいのかもしれません。

おまけ


キャベツのサイズは様々で、大きいモノは写真ぐらいありました。
顔より大きかったです。大きすぎると、重さを調整するときや、コンテナに上手く収まらないのが少し困りました。

まとめ

以上、キャベツの収穫についてでした。
キャベツは、とにかくレタスよりも重いので運ぶのが大変でした。
ただ、レタスと違って保温のためほとんどの畑でトンネル(ビニール)をしないので片付けがない点は楽でした。

関連記事

  1. 農家への道のり

    初めての体験!花豆まき

    今いる、北見市留辺蘂町(るべしべ)での特産品として、「白花豆」がありま…

  2. 農家への道のり

    苗の卸会社に飛びました。その2

    小池園芸 での仕事は、前回の 出荷作業 の他にも、苗を植える(植え替え…

  3. 農家への道のり

    玉ねぎの作業2

    前回の玉ねぎの作業の続きを紹介します。現在は、この収穫(ピッカー)…

  4. 農家への道のり

    1つずつ手直し!レタスの定植(2)

    前回の定植作業の続きを紹介します!ここで紹介するチェックという作業…

  5. 農家への道のり

    一人前の水やりをするには10年はかかる

    「水」は植物の成長には欠かせないものです。そして、そのための「水や…

  6. 農家への道のり

    真っ赤なリンゴの秘密!りんご玉回し

    スーパーでも目を惹く赤い色のりんご。みなさんは、りんごがどうしてま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP