農家への道のり

鋭い目のチェックが必要!ジャガイモの選果

季節は秋からすっかり冬に移り変わってきています。
北海道では、10月末にはすでに雪が降り、日に日に寒くなってきています。
メインの玉ねぎとジャガイモの収穫が終わり、作業はまだ残っているものの忙しさも少し落ち着きました。
最近は、その収穫したジャガイモを選別する作業に入りました。

道具

箕(み)です。
小学生の時に、学校の落ち葉掃除に使って以来に使いました。

選果


ジャガイモの山から、製品として出荷できるモノ(正)を選びます。
収穫したジャガイモの中には、皮が緑色のモノがあります。
また、腐ってしまっているモノもあります。
それらを選別して除いていきます。

緑色のジャガイモ


これは、ジャガイモが光に当たりすぎたことで起こる障害です。

ジャガイモの芽(芽とその芽の根元)や、皮(特に光が当たって緑色になった部分)には、天然毒素であるソラニンやチャコニンが多く含まれているので、これらの部分を十分取り除くことが大切です。

農林水産省HP
http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/foodpoisoning/naturaltoxin.html

つまり、皮を厚くむけば大丈夫ですが毒があるため、出荷しないようする必要があります。

小さいジャガイモ


小さいイモはそのままでは使いづらいですが、加工すれば十分使えるので加工用として取り除きます。

これらは、デンプンとして加工用に回されます。

腐ったジャガイモ


食べれないため、そのまま捨てることになります。

選別しながら手でジャガイモを箕に入れていきます。

選別したジャガイモは、袋に入れて出荷されます。

まとめ

こんな風に手でジャガイモを選別していくとは思いませんでした。
単純作業ではありますが、不良品が入らないようようしっかり見なくてはいけません。
たくさんのジャガイモが収穫されたので、この選別もまだまだ続いていくので頑張っていきたいです。

関連記事

  1. 農家への道のり

    アスパラガスの収穫(伏せ込み栽培)

    11月中旬に伏せ込んだアスパラガスが、12月にはもう伸びてきて収穫が…

  2. 農家への道のり

    病害虫防除について②

    病害虫防除について②病害虫防除について②前回、防除は化学合成…

  3. 農家への道のり

    腰痛持ちにはつらい!花豆のつる刈り

    今年もここ山上産業さんでは花豆を作っています。私が来た頃にはもう大…

  4. 農家への道のり

    おもしろい習性!花豆のつる上げについて

    花豆を植えてすぐに雨が続いたため、生育が心配でしたが、暖かくなり始…

  5. 農家への道のり

    トウモロコシを低温から守る!べたがけについて

    静岡を終わらせ、長野のファームかずとさんで少しの間働くことになりました…

  6. 農家への道のり

    北海道での8か月の農業生活を終えて。

    農業の本場を見るため、北海道に今年の5月にやって来ました。初めて北…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP