農家への道のり

サイズや重さで仕分ける!人参の出荷調整

雨が降っていると、トウモロコシの定植が出来ないため屋内で別の作業を行いました。
今回は、雨の日でもできる人参や自然薯の出荷調整についてまとめてみました。

量って、分類


冬から春にかけて収穫した人参がコンテナにたくさんあります。
綺麗な状態の人参がたくさんです。


この人参を1つずつ手に取り、量りで量ります。


写真の人参の場合、100g以上、150g未満なのでSサイズになります。


B級品、S(100~150g)、M(150~200g)、L(200g~250g)と重さごとに人参を分けていきます。
見るからに小さいモノや、腐ってはいないけど形が悪いB級品は量らずにB級品に振り分けます。
在庫の最後の方の人参なため、小さく、軽いB級品と、Sサイズが多いです。

さらに量る

計測して、分類した人参をさらに量ります。
B級品は直売所で売るので袋詰めします。1袋500g+50g以内に収まるように量ります。
また、SサイズやMサイズなどはSサイズだけを箱に入れて梱包します。
10kgになるようにします。


写真は自然薯のモノですがこのようにして袋に入れながら量って、黄色いテープで留めて商品とします。
人参が腐っていたら捨てたり、根っこが伸びてきていたらこすって綺麗にします。

まとめ

以上、人参の出荷調整でした。
直売所で野菜がたくさん売られていますが、ちゃんと同じぐらいの重さに量ってあるんですね。
サイズとかまちまちでこっちの方が多そうと選んでいましたが実際は大差がなかったということですね・・・。
まあ、大きい方が皮が剥きやすいとか、調理しやすいとかはあると思いますが。

関連記事

  1. 農家への道のり

    まるでサバイバル気分!花豆のつる刈り!

    5月に撒いた花豆は、大きく成長していよいよ収穫の準備に入りました。…

  2. 農家への道のり

    ぶどうみたいにいっぱいついた桃の実を落とす!桃の摘果作業

    ファームかずとでの仕事が終わり、5月中旬から桃やぶどうの観光農園をやっ…

  3. 農家への道のり

    まるで宝石のよう!さくらんぼの選果と品種について

    今年は雨が多く、晴れの日があまりないのでさくらんぼに色がつかず、いつも…

  4. 農家への道のり

    コツを掴むのが大切!イチゴの収穫について

    11月の下旬から、長野県の信州うえだファームさんで農業アルバイトをして…

  5. 農家への道のり

    北海道とは異なる!?秋まき玉ねぎの定植について

    11月になり、ここ長野県では玉ねぎの定植の真っ最中です。今回は、そ…

  6. 農家への道のり

    北海道に来て2ヶ月がたった。

    7月になり、北海道も暑くなっています。今いる北見市は、内陸で盆地の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP